ピアノをより上達させるには?

ピアノの種類と購入する際の選び方

本来であればピアノと言えばグランドピアノの形状を指しています。
このタイプは弦が水平に張られているもので、音程が安定していることやダイナミックな演奏を可能にしている本格派です。
一般的に用いられることの多いピアノではアップライト型の機種になりますが、このタイプは弦が縦に張られていてコンパクトにまとめたスタイルが特徴です。
広い室内と十分な資金を持っているならば、グランドピアノを選択することがおすすめですが、普通の住宅やマンションなどの集合住宅の多くではアップライトタイプが人気を得ています。
アップライトでもかなりの重量を持っていることになり、移動させることが非常に困難です。
通常では専門業者に依頼をして設置などを行ってもらう方法になります。
一方で騒音などトラブルになりがちな住宅の場合では、消音機能が備わった機種を選択する方法と、後付けとして消音機を取り付ける方法があります。
初心者の場合ではその後の意向によっても異なりますが、住宅等の条件を考えた場合でも電子ピアノを選択する方法もあります。
このタイプは弦を使用しない機種になり、ボリューム調整から音色の変化なども自由に行うことができるタイプがあり、幅広い演奏を可能にしています。
鍵盤タッチは本物と比較すると若干違いが生じますが、アフタータッチ機能が備わった機種を選ぶことで対応することも可能です。

ピアノの音を自宅で快適に維持する方法

ピアノは高価な楽器に入るので、購入された方は自宅で大切に取り扱うことが推奨されています。
自宅で快適な状態で維持する方法では、住宅の状態に合わせることも大切です。
周囲に音漏れしてしまうことをできるだけ防ぐ方法もあり、防音マットを活用することが良い方法です。
防音マットは床用として販売されているものと、壁に張り付けるタイプもあります。
窓から音漏れが発生することも多く、防音窓に変更する方法もありますが、現在では内窓を取り付ける方法でも対応できます。
肝心のピアノに対しては湿度には注意が必要になり、湿気の多い室内では対策をとる必要があります。
木材で構成されている楽器でもあるので、長期間にわたって使用している場合では、専門家によって調整や点検を行うことも良い方法です。
特に調律に関しては定期的に行うことが必要になるケースがあります。
ピアノを実際に弾いてみて音程の狂いが分かる場合では直ぐに対応できますが、それ以外の対策としては電子楽器を併用する方法があります。
具体的にはキーボードやシンセサイザーを用いて同じ音階を弾き、ピアノの音程とのズレを調べる方法も効果的です。
普段のお手入れをしっかりと行っている場合では、数十年にわたって利用を続けることができる楽器になり、価値を損なわずに所有を続けることもでき、逆に売却する際にもメリットがあります。

check

ジャランスリワヤの通販
http://item.rakuten.co.jp/ocres/c/0000000180/
オーダーメイド ゴルフクラブ
http://www.again3.com/
着物のレンタル
http://www.tomesode-myselect.com/
エレキギターの買取
http://www.gakki-kaitori-site.com/electric_guitar
結婚相談所の口コミなら
http://www.deubclub.org/
スムージーでダイエットする
http://wizkidjr.com/
猫雑貨 通販
http://www.rakuten.co.jp/osharenekomimi/
トラックの買取
http://www.truckland.jp/

最終更新日:2015/12/16

Copyright 2015 PIANO SONATA All Rights Reserved.